塗装防水工事のご案内

塗装工事 (大型物件)

Fotolia_115116872_Subscription_Monthly_M

色あせた外壁を塗り替えるだけではなく、防水塗装のプロだからわかる躯体の事も考慮した提案を行っております。

ビル・工場などの大型物件では、塗装面が大きい事で費用も高くなりがちですが、塗装箇所や塗料次第で、安くて耐久性のある塗装工事も可能です。

塗装工事 (一軒家)

Fotolia_76908021_Subscription_Monthly_M-960x639

外壁塗装は太陽光線の紫外線や風雨、猛暑、寒波、大気の汚れなどから、建物を保護するバリア機能があります。ただ、塗装自体は時間の経過とともに、少しずつ劣化が生じます。劣化が進むと、塗装の保護バリアが薄くなり、そして亀裂を生じ、雨水の侵入や外壁材の破損、木部の腐食などを起こしていきます。

防水工事

Fotolia_96221372_Subscription_Monthly_M-960x635
Fotolia_96221372_Subscription_Monthly_M-960x635
Fotolia_96221372_Subscription_Monthly_M-960x635

防水工事とは、建物や構造物を雨、雪、水、紫外線等から守り長期的に保護する工事。色々な種類の工法がありますが、当社ではお客様の建物・構造に合い、安心して長持ちする工法を企画提案しております。お気軽にご相談ください。

防水材のライフサイクル

防水材の標準的な耐久性能は10年から15年が最も多く、工法によっては20年以上の耐久性の有する材料もあります。

改修時期の判断

年数での判断ですと10年から15年を目安にしていただくと良いです。また防水層が変色や破れ亀裂が発生しているようでしたら早急なメンテナンスが必要でしょう。

どんな防水が良いの

建物の構造形状・屋上防水の種類や収まり使用用途によって、適切な防水工法を判断する必要があるため現地を確認し判断いたします。

防水層は撤去が必要?

現地防水層を確認しないと正確な判断は出来ませんが、既設防水層の上から出来る絶縁工法(かぶせ工法)が主流となっております。非撤去の為、撤去時に雨漏りの可能性を抑え、長期にわたり防水層を維持出来るでしょう。